湯処「ふかわの湯」ロゴ

お風呂のご紹介

ふかわの湯を楽しむためのポイントを紹介!
実際にお風呂に入る時にぜひやってみてください。


ふかわの湯の楽しみ方

ふかわの湯を楽しむためのポイントを紹介!
実際にお風呂に入る時にぜひやってみてください。

一、入浴前後に1杯ずつの水を飲むべし!

入浴すると発汗により血液粘度が高まり、「ドロドロ血」の状態 になります。

入浴後だけでなく、入浴前にも水分補給するのが ポイントです。

二、入浴前には、足先など心臓の遠くから順に十分な 「かけ湯」をすべし!

「かけ湯は」は、体の汚れを落としてから入浴するというマナーというだけではありません。

温泉の泉質や温度に慣らす為のものです。

足先など心臓の遠くから順に十分な「かけ湯」をしていきましょう。

三、頭には濡れたタオルをのせるべし!

たちくらみは、全身の血の巡りがよくなる分、頭の血流量が減る 状態なので熱いお湯をしみ込ませたタオルで頭の血管を開きましょ う。

のぼせは、頭に血がのぼった“オーバーヒート状態”なので、 逆に冷たい水をしみ込ませたタオルをのせましょう。

但し実際には「立ちくらみ防止」にはゆっくり浴槽から出ること が大切です。

のぼせやすい「内湯」と「夏の露天風呂」では「冷た いタオル」を頭に、脳の血管が収縮して危険な「冬の露天風呂」は「熱いタオル」を頭に。

四、一気に長湯せず、分割浴をすべし!

短い入浴と浴槽から出て休憩することを「分割浴」です。

例えば「3分入浴して休憩、また入浴」を3回繰り返すと9分間入浴することになります。

一気に10分間入浴するよりも9分間の「分割湯」の方が湯冷めしにくいのです。

五、疲労回復には、膝下の「温冷交互浴」が有効なり!

膝下にお湯をかけること3分、水をかけること1分、これを3~5回 ほど繰り返すと、末梢血管が広がり、乳酸などの疲労物質が排出されやすくなります。

疲れを回復させる効果は抜群です。

なお、心臓に負担にかけない為に「膝下」としておりますが、 水のみ膝下にし、3分は普通の入浴でもかまいません。

黄土房

黄土房は中国・韓国の王が健康回復室として古くから使われていたといわれます。

「ふかわの湯」の黄土房は、壁に韓国直輸入の、玉石・麦飯石・ゲルマニュウム鉱石、天井には韓国北部で採れる黄土(ファント)を使用し、多量の遠赤外線を放射して体内の老廃物を汗と共に排出します。

使用方法

  • 身体の水分をきれいにふき取ってからご利用ください。
  • 一日 30分~40分位が最適です。
  • バスタオルを床に敷き寝ていただくとより効果があります。

効果

  • 床温度60℃、室内温度40℃
  • 肌が綺麗になり、皮膚の老化防止
  • 成人病予防、産後の回復
  • 精力増強、疲労回復

その他お食事処

お問い合わせ

  1. ホーム
  2. 湯の楽しみ方